Nワゴン 加速

Nワゴンの加速はどんなもんだ!ライバル車とも比較。そして加速アップさせるには!

一昔の軽自動車に比べると、最近の軽自動車は内・外装共にとてもレベルが高くなっており、「これ本当に軽自動車なの!?」なんて目を疑う軽自動車が増えてきており、人気も益々高くなっています。

 

ただ、いくら内装や外装が素敵になってきたからと言っても肝心な走りはどうなの?なんて思う人も少なくないでしょう。
ということで今回は、軽自動車の中でも高い人気を誇るNワゴンの加速についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

Nワゴンの加速はいいのか!?

Nワゴンの加速についてですが、Nワゴンには「ノーマルエンジン」と「ターボエンジン」の2種類あり、
当然ながらノーマルエンジンに比べ、ターボエンジンの方が加速もパワーも充実しています。

 

ですが、Nワゴンを実際に乗っているオーナーさんの多くは、ノーマルエンジンでも十分満足していると答えています。
それもそのはず、Nワゴンではストップ&ゴーを繰り返す街乗りなどで頻繁に使われるであろう50km/hまでの加速に徹底的にこだわりを持ち、さらに車の重量を極限まで減らしながら空気抵抗も徹底的に減らすよう設計れているので、ノーマルエンジンでも加速が良くスムーズで快適に走れるというわけなのです。

 

一方のターボエンジンの加速は?というと、当然ながらノーマルエンジンよりもさらに上をいくパワフルな加速を実現しており、2,600回転で最大トルクを発揮するので、たとえフル乗車時や登り坂でも力強く走りますし、合流時だってゆとりを持っておこなうことができます。

 

このように、Nワゴンの加速はノーマルエンジン、ターボエンジン共に優れていると言えます。

 

 

Nワゴンの加速は、ライバル車のワゴンRやムーヴと比べるとどう!?

軽自動車とは思えないパワフルな走りをしてくれるNワゴンですが、やはりライバル車の存在も気になります。
この車のライバル車と言えば「スズキ・ワゴンR」と「ダイハツ・ムーヴ」です。
では、そんなライバル車をそれぞれのエンジン性能を数値で比較してみます。

 

・Nワゴン(ノーマルエンジン)
【最高出力】43kW[58PS]/7,300rpm
【最大トルク】65N・m[6.6kgf・m]/4,700rpm

 

・ワゴンR(ノーマルエンジン)
【最高出力】38kW[52PS]/6,500rpm
【最大トルク】60N・m[6.1kgf・m]/4,000rpm

 

・ムーヴ(ノーマルエンジン)
【最高出力】38kW[52PS]/6,800rpm
【最大トルク】60N・m[6.1kgf・m]/5,200rpm

 

このように、3車種の数値を比べてみてもわかるようにNワゴンが最も優れており、クラストップの加速とパワーを誇っていると言えます。

 

とは言えワゴンRやムーヴが劣るということではなく、いずれもエンジン性能は高くストレスなく快適に走ってくれますので、自身の用途にあった車を選ぶのが良さそうですね。

 

 

Nワゴンの加速アップのためには何をすればいい!?

加速をアップさせるためにはエンジンなどチューンアップし、出力を大きくしてあげれば加速はアップします。
しかし、現在Nワゴンに搭載されているS07A型エンジンは、中低速トルクの向上と燃費の両立を目指したトルク型のエンジンであるため、タービン出力の向上やレブリミットのチューン、ブーストアップなどの改造がとてもやりづらくなっているのが現状です。

 

ですので、もしNワゴンの加速をアップしたいのであれば、ターボの加給圧を上げ、パワーアップさせるブーストアップがもっともお手軽で効果的ではないでしょうか。

 

さらにもっとパワーをアップさせたいという場合はタービンを交換するという方法もありますが、部品代や工賃などが高額となるため少しハードルが高いですよね。

 

Nワゴンに限らず、最近の軽自動車はトルク型のエンジンが増えてきておりますので、一昔の高回転型エンジンだった頃のようなチューンアップはできない傾向になってきてます。

 

 

Nワゴンの値引きはどこまで出来るのか?