Nワゴン 車中泊

Nワゴンで車中泊はできるのか!?快適な車中泊にするためには何が必要!?

人気のNワゴンをはじめ、最近の軽自動車の傾向としてトールワゴンやハイトワゴン、
そしてスーパーハイトワゴンといった背の高いスタイルが主流となっており、室内も大人4人がゆったり乗車できる程の空間が確保されています。
なかでもNワゴンはクラストップの室内空間を誇っていると言われていますので、もしかしたら車中泊もできちゃうのでは?そう思う人も少なくないでしょう。

 

そんなわけで今回は、Nワゴンの車中泊について詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

 

Nワゴンで車中泊はできるのか!?

Nワゴンに限らず、車中泊をする場合は以下の3つの条件を満たしていれば1泊ないしは2泊ほどの車中泊は可能です。

 

@:座席を倒せばほぼフラットになる。
A:大人2人が横になり、足を延ばせるくらいのスペースの確保(1.800mほど)
B:背筋を伸ばして座っても天井に頭がぶつからない又は窮屈ではないこと。

 

ではNワゴンがこれら最低条件を満たしている車なのか?ということを確認してみますと、
この車は後部座席を前に倒す機能はあるものの、座席を倒した際の段差が大きく生じてしまうため、残念ながらフラットにはなりません。
ですので、フラットにするには別途段差を埋めるアイテムが必要です。

 

次に2つ目のスペースですが、この車の全長は3.395 mで、うちホイールベースが2.520 mとなっていますから、
室内でも足を延ばせるくらいのスペース(1.800m)は確保できます。

 

そして3つ目の天井までのスペースですが、ホンダでは後席の背もたれを倒せば高さ77cmのソファが余裕もって積み込むことができるとしているので、よほどの高身長な方でない限り問題ないでしょう。

 

以上、車中泊をするのに重要な項目を3確認してみましたが、Nワゴンは車中泊には向いていません
また、ホンダもNワゴンで車中泊することを想定して作っていないので、座席を倒しても段差が激しいです。
車中泊は、車の中でいかに快適に寝れるか!ということがもっとも重要なポイントですので、この車で車中泊をしたいという場合は一工夫必要です。

 

 

Nワゴンの車中泊アイテムは!?

車中泊にはあまり向かないNワゴンですが、それでも車中泊に使えそうなアイテムが無いわけではありません。
ではどんなものがあるのでしょうか?見ていきましょう!

 

・車中泊マットレス
全座席を倒したときに生じる、あのイライラする凸凹を埋めてくれる賢い段差解消マットです。
四角いマットが4つセットになって定価31,600円とちょっと高めですが、もしNワゴンで車中泊する場合は便利なアイテムです。

 

・遮光カーテン
このカーテンの車中泊には欠かせないアイテムでしょう。
「俺の車、スモーク貼ってるから大丈夫!」なんて考えている方は危険です。
なぜなら、スモークを貼っていても車内が明るければ外から丸見えだからです。
プライバシーを保護し、車内で快適に過ごすためにも遮光カーテンは必須アイテムです。

 

この車はもともと車中泊向きではないので、やはり関連商品もとても少ないようです。

 

 

車中泊全般に役立つアイテム(グッズ)は!?

ではNワゴンに限らず、車中泊をする時ってどんなアイテムが役立つのでしょうか?
車中泊に役立つアイテムを5個ほど挙げてみましょう。
@寝具・A遮光カーテン・B段差解消マット・C照明類・Dレジャーシート
こんな感じで5つは絶対に持っていたいアイテムで、それ以外は自分で必要だと思ったものを足していってください。

 

 

まとめ

いかがでしたか?
今回Nワゴンの車中泊についてお伝えしましたが、この車は車中泊向きではないということがわかりました。
もしこの車で快適に車中泊をしたという場合は、オリジナルな工夫が必要となります。
ですが、どうしたら快適に過ごせるか?ということを考えるのも楽しみのひとつですから、じっくり考えて快適な車中泊を実現してください。

 

 

Nワゴンの値引きはどこまで出来るのか?

 

Nワゴンの内装